VR内の画面で文字入力!?

要約

ここ最近、ARやVRに関する様々な技術がアプリ、ゲーム等に使用され、生活に段々と浸透してきました(例えば、AR技術を利用したメジャーアプリやゲームアプリ、一般の人でも手が届く価格で販売されているゲーム用のVRヘッドセットなど…)。
様々な年齢層、性別の人が公園をスマホを持ちながら、徘徊ウォーキングする光景も見慣れたものとなってきました。私もその一人ですが。

さて、今回、日本でも有名な海外周辺機器メーカーがVR空間内でキーボード入力できる開発キットを発表したそうです。
仕組みとしては、専用のガジェットをキーボードに取り付けることでVRのシステムと無線で連動し、キーボードを入力する感覚を体感しながら、入力した文字や操作をVR空間内に違和感なく反映させるというものです。
まずは、米国で開発者向けに50セットを150ドルで販売するそうです。

感想

VR技術に実際に入力する感覚をプラスしたことで、VR(仮想現実。コンピュータ上で仮想世界を作り出し、あたかもその世界に自分が存在するような感覚を得られるもの)というよりは少しMR(複合現実。現実と仮想を融合させ、現実世界に投影された仮想物体に触ったり、近づいたりすることができる)寄りになったと感じました。
この技術ができたことで、SFものの映画や漫画でよく見るような「空中にコンピュータ画面やキーボードを表示して操作」といった夢の技術への小さな一歩になるかもしれない…。と密かに夢を膨らませています。
今後、この技術がどういった方向に展開されていくのか、ワクワクが止まりません。