このブログは、私の愛娘(長女:9歳、次女:6歳)についての他愛のない日常を不定期に綴る、仕事や技術的な話とは全く無縁の完全に自己満足な日記です。知り合いから子供の成長とか運動会とかのビデオ動画を延々と見せられてイラっとした記憶があるといった方は、閲覧をご遠慮されることをオススメします。

 

先日、ウチの娘(次女:大抵ハイテンション)が

「おりがみつくるのじょうずだねって、がっこうでほめられたー!」

と言いました。

仕事から帰宅後、一人遅れて夕食を取っていた私は、味噌汁を飲みながら「さすがは我が娘!もしかして折り紙の天才か!?」と上機嫌に娘(次女)に尋ねました。

「凄いじゃん!誰に言われたの?」
「せんせーとか、おともだちのミサキちゃんとか!」
「へー、大したもんだ。ちなみに何を作ったの?」
「おはなー!」

 

 

※画像はイメージです

 

 

「おはな」は何枚かの折り紙を組み合わせて作る、小学校一年生にしてはそこそこ難易度の高いもの、とのことです。

おはなつくるの、とくいなんだ!だからパパにもつくってあげるー!まっててー!」
「そっかー、それは楽しみだなぁ」

向こうのテーブルで、背を向けて折り始める娘(次女)。
早生まれで他の子よりも体が小さく、算数が苦手で体力も若干劣ってしまっている娘(次女)ですが、周りから上手と褒められるような特技を持つことだって出来るんです。
そうです、折り紙に関しては職人・・・いや、もはや”匠”と言っても過言ではありません。

そんなことをしみじみ思っていると、もう折り終えたのか娘(次女)が嬉しそうにやってきました。

「できたー!あげるー!」
「お、早いじゃん。どれどれ・・・」

 

 

 

「はい!しゅりけん!!

 

 

 


※画像は実物です

 

 

 

なんということでしょう。

先程の会話で「おはな」だったものが、まさかの「しゅりけん」に大変身です。
まさしくそれは、幼いころから憧れていた“NINJA”が持つ、あの「しゅりけん」です。

お!?・・・お、おう!上手だ!まさに手裏剣だ!
「でへへへへー!すごいでしょー!」

”匠”からの思わぬプレゼントに、依頼人であるパパさんも驚きが隠せないようです。
ところで”匠”は、いったいこれを何に使うつもりなのでしょう。

 

 

 

「おしごとにもってって、つかってね!」

 

 

 

どうやらこれは、お仕事で使うための「しゅりけん」だったようです。
これでもう、どんなにお仕事が忙しくても、何の心配もありません。

「な!・・・こ、これを、お仕事に・・・!?

あまりの嬉しさに声を詰まらせる依頼人のパパさん。
その向かい側では、奥様が優しく 爆笑 微笑んでいます。
会話の少なかったこのご夫婦にも、”匠”のおかげで素敵な笑顔が灯りました。

「・・・分かった、じゃあ、お仕事に持って行って、どこかに飾るね」

そう言って、笑顔でお仕事用のカバンに「しゅりけん」をしまう、依頼人のパパさん。
すると、「わかってないなー」と言わんばかりのドヤ顔で、”匠”は言いました。

 

 

 

「それは”かざるもの”じゃないでしょ?”なげるもの”だよ」

 

 

 

こうして、今回も依頼人に幸せを届けた折り紙の”匠”
この一家には、きっとこの先も素晴らしい未来が待ち受けていることでしょう。

 

 

neo家リフォーム費用
予算 0円
工事費 0円
材料費 0円
合計 0円
※折り紙はいただきもの

 

 

「・・・確かに、手裏剣は投げるものだけどさ・・・さすがに会社で投げるわけにはイカンよね」
「とりあえず、課長あたりにでも投げつけてみたら?」

「こう、エイッ!ってさ」と振りかぶるポーズの嫁を見ながら、私は黙って味噌汁を飲み干すのでありました。

 


※イラストはイメージです